女性

キイロスズメバチの巣は早めに駆除した方がよい

攻撃的で巨大な巣が特徴

蜂の巣

危険は広範囲に及ぶ

昆虫の蜂はどの種類であっても、多くの人が「危険」のイメージを思い浮かべることでしょう。しかし、ミツバチ・アシナガバチ・クマバチといった種類は、羽音が大きくて恐怖を感じることもありますが、基本的には温厚な種類に分けられます。危険といわれているのが、巨大な巣を作り、働き蜂もどんどんと増えるキイロスズメバチで、早急な駆除が必要です。上述の温厚な種類は、個人でも駆除が行われています。キイロスズメバチの場合は別で、巣の大きさと危険性から、駆除のプロである専門の業者への依頼が人気です。キイロスズメバチに限らず、ハチの駆除を行う際には、敷地の外の広範囲にも危険が及びます。もし、素人が適当に駆除を行い、近所の家庭にもしものことがあれば、今後は住みにくくなってしまうでしょう。そのような事態を避けるために、専門の業者へ駆除を依頼しましょう。費用に対して、高い効果が得られる点が人気となっています。

補助制度の活用

キイロスズメバチの駆除は、危険度と難度が非常に高いため、多くの自治体で補助制度を設けられています。蜂ならすべてに補助が出る訳ではなく、スズメバチのほかは自費というケースが多いのです。また、駆除の前に申請が必要な所もあれば、事後報告で期日までなら可能とする所もあります。このように、それぞれの自治体ごとに補助内容やルールが異なるので、蜂の巣ができてからではなく、引っ越しの前後など、事前に調べておくと良いでしょう。このほか、キイロスズメバチの駆除は、その習性と関連させて行います。これらには引っ越しを行う習性があるため、巣が撤去されても、元の場所や付近に再び巣を作り始めることがあるのです。こういったケースを保証している業者もあるので、依頼前に確認しておくと良いでしょう。

習性を利用した対策

哺乳類

集団で決まったところに糞尿をするハクビシンにより、天井や屋根の被害が増えています。また高い身体能力と適応性がありますので、見つけたらハクビシン駆除を早急に行いましょう。燻煙剤を炊いて追い出したり、業者に依頼して駆除しもらうと効果的です。

もっと知ろう

駆除する方法

作業員

ハクビシン駆除には追い出す方法と捕獲方法の2つがあります。前者は燻煙剤を使用します。後者は罠を用意して捕獲します。ただし、市役所にあらかじめ申請する必要があります。専門の業者に依頼することが一般的になります。

もっと知ろう

ハクビシンの対策

動物

身体能力が高いハクビシンは、どこからでも家に侵入することが可能です。ハクビシン駆除の方法としては捕獲器を用意して捕まえることですが、コストや体力の面からすると業者に依頼するのが一番の方法です。

もっと知ろう