害虫駆除

キイロスズメバチの巣は早めに駆除した方がよい

ハクビシンの対策

動物

害獣と言われるハクビシン駆除のために、ハクビシンの特徴を知っていることが大切です。ハクビシンは身体能力が極めて高く、垂直に1メートル以上飛ぶことができます。また、バランス感覚も優れていて電線の上を歩いたり走ったりすることも可能です。そのため、家にどこからでも侵入することが可能です。しかも、夜行性のために夜に活動をして昼間には動かないので人間の目をごまかすことができます。もし家の中に侵入すると生ゴミを荒らしたりする被害を受ける可能性もあります。このハクビシン駆除のためには次のような方法があります。まず餌場を作らないことです。ゴミを庭に置いておかないことやペットボトル関係は中身を残さず洗ってすぐに捨てることです。これでハクビシンは留まりにくくなります。

ハクビシンがなかなか家から出て行かない場合は本格的なハクビシン駆除が必要になります。その方法には捕獲があります。捕獲器を用意してそれを複数設置します。できるだけハクビシンの通り道に置いておいたり、餌場のところに置いておくとおすすめです。エサとしては、ハクビシンは雑食性なので何でも構いませんが、特に果物を好む傾向があります。誘引するには甘い果物が良いでしょう。ただし、捕獲器を用意する際には注意点があります。それは市役所に申請することです。鳥獣保護法によってハクビシンは保護されていますので、勝手に捕獲することが禁止されているのです。ハクビシン駆除にはいろいろな方法がありますが、事前に調べてから実施しましょう。自分での駆除や捕獲が困難な場合は、無理せずハクビシン駆除の業者に依頼しましょう。業者に依頼すれば、対策や捕獲に労力を費やすことも少ないうえ、捕獲器を複数用意するより安く済むことが多いので、体力的にもコスト的にも手軽でお得です。