害虫駆除

キイロスズメバチの巣は早めに駆除した方がよい

習性を利用した対策

哺乳類

集団排泄と言って、複数の個体が決まった場所に排泄行為をする習性を持っているハクビシンは、もし家に住み着いてしまった場合は特定の場所に糞尿がたまりやすく、非常に臭いです。シミができるだけであればまだ我慢できますが、ひどい場合は天井が突き抜けることもあります。そのため、早急にハクビシン駆除を行う必要があります。また、ハクビシンは環境への適応性が非常に高いです。そのため、田舎ではなく都会によく出ます。実際に被害が多いのも田舎でなく都会においてです。それから、身体がそこまで大きくないですが、身体能力が極めて優れています。そのため、ジャンプ力が高いので雨戸などから侵入することができます。

ハクビシン駆除のためには、追い出して二度と入らないようにすることが大切です。燻煙剤をホームセンターで購入してハクビシンのいる場所で焚きましょう。外に出たことを確認したら、二度と戻ってこないように侵入口を塞ぎます。これがハクビシン駆除のもっとも簡単なやり方です。燻煙剤が手に入らない場合や自分での駆除が困難な場合は、ハクビシン駆除の専門業者に依頼すると良いでしょう。排泄場所やすみかにされてしまった場合はもちろんのこと、餌場としてやってくるだけの場合にも対応して、ハクビシンが寄り付かないように対策してくれます。また、近所にハクビシンが集まるような場所がないか、探して駆除や対策をしてくれるところもあります。ハクビシンの被害に遭ってしまったら、まずはハクビシン駆除の業者に相談してみると良いでしょう。